毛穴の奥まで根こそぎ浸透します|化粧水の驚くべき効果

レディー

お手入れの方法

目元を触る婦人

施術後の日常生活

サロンやセルフでマツエクを行ったあとに気を付けるポイントは沢山あります。メイクをする際にマスカラを使う場合はマツエク用の商品を使うか、せめてお湯で流せるタイプの商品を選ぶようにしましょう。マツエクはオイルに弱いので通常のマスカラをしてしまうと必ずオイルクレンジングが必要になり、せっかく施術をして付けたマツエクのグルーが溶けてしまいます。また入浴後に濡れたままのマツエクをそのまま放置して、就寝してしまうとマツエクに寝癖が付き歪んでしまう場合があります。濡れたまつげは髪を乾かすのと同様に、きちんと乾かすようにしましょう。それでも人は寝返りをしてしまったり気付けばうつ伏せで寝てしまっていることもあるので、専用のコームを使用して根元から優しく梳かし整えると良いです。

綿棒が便利

メイクをする際にアイメイクにアイシャドウやアイライナーをしている場合、マツエクの施術後はメイクを落とすのが大変になります。どうしても使っているアイシャドウやアイライナーなどにクレンジングが必須の場合は綿棒を活用すると、とても便利です。綿棒にクレンジングを浸み込ませてアイメイクをオフすることで、まつ毛に負担を掛けずに綺麗で丁寧に落とすことが可能になります。マツエクの量が多いとお湯で流せるタイプであっても目元を指でなぞるのが難しくなるので、小さい綿棒を使えば落としにくい場所も安心です。汚れ落ちを確認するためにも綿棒は白を選ぶと分かりやすくオススメですが、範囲が狭くすぐに色が付くのでマメに新しい綿棒にすると良いでしょう。